よく効く精力剤・精力サプリを比較

精力・勃起力が落ちた・・・

精力減退の直接的な原因とは何か

男としていつまでも元気でいたい、生涯「現役」であり続けたいと思っている人にとって、精力の減退は致命的な問題です。
精力旺盛またはほどよい精力を維持するには、原因を知り対策をすることが重要ですが、精力減退の直接的な原因となるものはズバリ男性ホルモンの低下です。
なお、男性ホルモンの中でもテストステロンと呼ばれるものが低下すると、精力が落ち込んでしまうことがあきらかになっています。
そしてこのテストステロンは複数の原因によって低下するといわれており、主なものとしては以下の問題をあげることが可能です。

加齢

男性ホルモンのテストステロンは、年齢の高まりにともない低下していくことがわかっています。
テストステロンの年齢別の平均値が出ており、20代が16.8(pg/ml)、30代が14.3(pg/ml)、40代が13.7(pg/ml)、50代が12.0(pg/ml)、60代が10.3(pg/ml)、70代が8.5(pg/ml)です。
なお、男の人の性的欲求は20代でピークを迎えて、あとはゆるやかに失われていくといわれていますが、これは男性ホルモンのテストステロンの分泌低下と連動しています。
また、男性ホルモンの分泌低下は精力・性欲の減退のほかに勃起しにくくなる、勃起が維持できなくなる、精子量が減少するなどの問題を引き起こす原因にもなります。

精神面のダメージ

男性ホルモン低下のトラブルは年齢の高まりだけが原因ではありません。
精神的ダメージを受けることによっても、分泌に悪影響をおよぼすことになるのです。
仕事のプレッシャー、家庭内のトラブルなどがあり、ストレスがかかっている状態は、男性ホルモン低下の原因となります。
ストレスを感じると、脳下垂体からホルモンを分泌するなと命令が出て、テストステロンの分泌が悪くなってしまいます。
さらに血管が収縮し血流悪化を招いてしまい、勃起に悪影響をおよぼすことにもなりかねません。

悪しき生活習慣

生活習慣の乱れは男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少を助長します。
不規則な生活、過度な飲酒、喫煙、睡眠不足、運動不足などの問題があると、テストステロンの分泌低下が起こりやすくなるといわれています。

病気など

パーキンソン病、うつ病、メタボリックシンドローム、肥満といった病気などの問題があるとテストステロンが減少する原因になります。
また、病気の治療である人工透析によっても、男性ホルモンの低下は起こります。

精力剤で勃起力を改善する!

ED治療薬の使用だけで勃起力は取り戻せるのか

現状で存在するED(勃起不全)の治療方法には、薬物療法があります。
バイアグラ、レビトラ、シアリスといった種類の医薬品があり、勃起に悩みのある多くの人に愛用されています。
こうした薬を使用した経験がない人が、バイアグラなどに対してどういうイメージを抱いているかは人によって違いがあるでしょう。
バイアグラをはじめとする医薬品は、一時的に血液の流れをよくすることにより、勃起を起こりやすくしてくれるという効果効能があります。
一時的にというところが大事で、薬の作用が切れてしまうと、勃起力は薬を使用していない状態に戻るというのが基本です。
本当の意味で勃起力の回復を達成したいという希望がある人は、バイアグラなどの治療薬の使用だけでは不十分なケースもあります。
根本的な勃起力の改善のためには、生活習慣の見直しにも着手しなければいけないことが多いのです。

血行不良の問題を解決しよう

血行不良の状態で、骨盤のなかの血流がさまたげられることで勃起が起こりにくくなってしまいます。
そして血行不良は糖質、脂質、コレステロールを摂りすぎていること、体を動かす機会が少なく筋力が低下すること、タバコを吸う習慣があること、水分の摂取量が不十分であること、ストレスや筋肉疲労がたまっていること、スポーツタイプの自転車に乗っていることなどによって招いてしまう問題です。
思い当たることがある人は、血行不良の原因となるものを潰す努力をしましょう。
いまは勃起力の衰えを感じていない人も、血行不良の原因になるようなことをしていなければ、将来の勃起力低下を防げる可能性が高まります。

精力増強サプリの使用を検討しよう

根本的な勃起力の回復のため、いわゆる勃起力改善サプリの使用はおすすめです。
勃起力改善サプリは、栄養面での根本的な問題解決のために貢献してくれます。
たとえばアミノ酸の一種であるアルギニン。
この栄養素は一酸化窒素の産生能力を高める作用があり、一酸化窒素は動脈をひろげて血流量を多くする役割を担っています。
そのほか、栄養面では亜鉛も大事。
この栄養素が不足してしまうと精子量減少やEDなどを引き起こすリスクが高まってしまいます。
勃起力と関わりのある栄養素はほかにも多数ありますが、勃起力改善サプリにはこうした栄養素が豊富に含まれています。
また、バイアグラなどの医薬品とは異なり、勃起力改善サプリは食品のため副作用の心配がないという強みもあります。

よく効く精力剤はコレ!

精力剤はいつから使うべき?

精力剤、精力サプリとは、性機能アップを目的に摂る製品のことをいいます。精力関係の製品には医薬品に分類されているもの、食品に分類されているものがあります。

精力剤は医薬品、精力サプリは食品と認識しておくと良いでしょう。

また、精力剤や精力サプリというと、男性だけを対象にしているイメージがある人もいると思います。しかしながら、実際には女性を対象とした製品も取り扱われています。

それから、精力剤や精力サプリを何歳か摂ったほうがいいのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。これは基本的に性機能のダウンが気になり始めた頃が良いでしょう。

年齢としては、早い人だと30代あたりから精力剤などを飲み始める人がいます。割合的に多くを占めているのは、40代後半から50代前半くらいの人たちといわれています。

もちろん、20代の人でも50代後半以降の人でも、性機能の悩みがある場合には精力剤や精力サプリに頼っても良いでしょう。

なお、性機能はどうしてダウンするのかといいますと、年齢の高まり、ストレス、タバコ、栄養不足など原因はいろいろあります。

これら原因に応じて陰部への血流を促したり、性ホルモンの分泌を促したり、性ホルモンの分泌を抑えたりする効果が期待できるものが使用されます。

こうしたものには性機能への直接的な効果が望めますが、疲労の回復や滋養強壮の効果が望めるものもあり、こうしたものの場合は性機能への間接的な効果を期待することができるでしょう。

ED治療薬はどうなの?

性機能アップのために使用されているものを探していると、精力剤の他にED治療薬を目にする機会がよくあります。これらは一緒のものとして紹介されていることなどが多いのですが、実際には同じものではありません。

ここでは精力剤とED治療薬の違いについて触れていきますので、使用する際の参考にしてください。

まず、精力剤は性機能アップといっても、精力を高めたり、性欲を増幅させたり、感度を良くしたりといった効果が望めるといわれています。

これに対し、ED治療薬は勃起不全の悩みを解消するためのサポートをしてくれる効果が望めるといわれているのです。

両者を比較してみると、たとえば精力剤に関しては勃起不全の改善効果などは見込めないということがわかるでしょう。

また、ED治療薬に関しては、精力、性欲、感度をアップするような効果は期待できないということになっています。したがって、目的に合ったほうを使用しなければ、自分が抱えている問題の解決は難しいということになるでしょう。

一緒のものとして紹介されているといいましたが、製品を購入する際には注意深くチェックしなくてはいけません。

精力剤として販売されているものがED治療薬だったということがありますので、一緒にされている場合は精力剤なのかED治療薬なのかを必ず確認してください。

また、一緒の扱いを受けていることが多いものとしては精力サプリが挙げられます。これは薬ではなく食品なので、直接的に性機能にはたらきかける効果はありません。性機能ダウンの原因の一つである栄養不足を補うために食品サプリを使用することになります。

精力剤や精力サプリの有効成分は?

精力剤や精力サプリに含まれている成分としては、何があるのでしょうか。大きく分けると医薬成分とそれ以外の成分が挙げられます。

医薬成分は医薬品に該当する成分のことをいい、これは健康食品に配合することができないと定められています。したがって、健康食品であるいわゆる精力サプリには医薬成分は含まれていません。

この前提を踏まえた上で配合成分を解説しますが、医薬成分としてはテストステロン、メチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビンなどを挙げることができます。

これらの医薬成分は性ホルモンを産生する効果が見込めるといわれています。

次に医薬成分以外の成分ですが、マカ、すっぽん、にんにく、高麗人参、サソリ、マムシ、オットセイ、亜鉛などがよく使用されています。

マカは主に滋養強壮、すっぽんは滋養強壮、疲労回復、にんにくは滋養強壮、疲労回復、高麗人参は疲労回復、血行促進、サソリは疲労回復、マムシは滋養強壮、血行促進、オットセイは血行促進、亜鉛は滋養強壮、疲労回復をサポートするといわれています。

他にも精力剤や精力サプリによっては配合されている成分があるかもしれませんが、主なものは以上の通りとなります。

ここまで読んでみるとわかると思いますが、特に医薬成分以外の成分に関しては、どのような特徴があるのかものによって多少異なります。

そのため、製品を購入する場合には配合成分に注目し、目的に合ったものを選ぶようにしないと、期待したような結果が出ないかもしれません。

精力剤や精力サプリに副作用はないの?

副作用の有無ですが、医薬品に該当する精力剤を使用するにあたっては、十分に注意しなくてはいけません。製品により異なりますが、頭痛、めまい、動悸、胃もたれ、ほてり、下痢などいろいろな副作用のリスクがあります。

また、強力な作用があることから、持病がある人などの使用が禁じられていることもあるのです。

このことから、製品を選ぶ際にはどのような副作用が起こる可能性があるのか、また自分が本当に使用して良いのかしっかりと確かめましょう。

もしも心配な人は、医師に相談した上で使用を始めることをおすすめします。なお、効果が欲しいからといって決められた用量より多く摂ると副作用のリスクが増大するだけなのでやめましょう。

また、よくサプリメントは食品のため副作用を起こす心配はないといわれてます。たしかにサプリメントは医薬品ではないので薬で起こる副作用がないのはうなずけます。

しかしながら、健康被害が起こる可能性はあるのではないでしょうか。たとえば精力サプリにはいろいろな機能成分が配合されています。

健康上問題がない人は摂っても大丈夫かもしれませんが、持病があることから食事のコントロールが必要な人が摂るのには適さない場合があるのではないでしょうか。

仮に制限が必要な成分を摂ることになった場合、内臓に悪影響を及ぼすことも考えられるでしょう。したがって、精力サプリを購入する際にも食品だから安心と過信せず、配合成分をしっかりチェックすることが大切です。

精力剤や精力サプリの選び方

精力剤や精力サプリを購入する際には、選び方が重要です。失敗しないためにもここで解説している内容を一読することをおすすめします。

まず、商品を選ぶ際には、医薬品と食品にわかれている点に注意しましょう。

食品の範囲を超えてED治療薬などに使用されている成分が配合されていたり、即効性を謳っていたりする商品を購入してはいけません。

このような商品の場合は法律に違反している場合が多く、安心・安全に使用可能かどうかが甚だ疑わしいといえるからです。この点に気をつけながら商品選びをしたほうが良いのですが、医薬品の場合は有効成分、食品の場合は機能成分に注目しましょう。

配合されている成分により、どのような作用がもたらされるかなどが異なりますので、自分の目的に合った成分が含まれている商品を購入しましょう。

また、医薬品の場合は副作用の心配があり、持病がある人などは使用を禁じられていることがあります。そのため、成分に期待できる効果だけでなく、副作用までしっかりと目を通した上で購入しなくてはいけません。

それから、精力剤や精力サプリは商品により価格が異なります。

特に性機能と関わりがあるとされている栄養補給を目的にサプリメントを摂る場合には、長く使用することが前提となるでしょう。

この場合には継続しやすいイコール費用負担が軽いと感じられる商品を選ぶことが大切です。

以上のことをまとめると、適法な商品、自分の求めている効果に合った商品、続けやすい価格の商品の基準を満たしているものが良いということになります。

精力剤は通販でお得に購入できる

精力剤や精力サプリをお得に入手したいと考えている人は多いでしょう。

ここでは、価格などの面でメリットのある購入方法を紹介しますので、参考にしてください。お得に購入というと単純にセール品を探す方法がありますが、他にも複数の買い方があります。

たとえば、定期購入やまとめ買いがあります。

対応している商品でないといけませんが、定期購入(定期コース)は毎月(2ヶ月ごとや3ヶ月ごともあり)商品が届くシステムになっています。

1個あたりの価格が割安になる他、通販の場合は送料が無料になるなどの特典が設けられていることが珍しくありません。また、決まったサイクルで商品が自動的に届くため、買い忘れの心配がありません。

まとめ買いは複数個一気に購入することで、1個あたりの価格が割安になる他、送料が無料になるなどの特典が設けられていることがあります。

その他、精力剤や精力サプリを購入するにあたり、本当に良いのかまずは試してみたいと思っている人は多いでしょう。しかしながら、試してみるだけのために高額なお金を出すのは抵抗があるという人もいます。

幸いなことに、商品によってはお試し価格ということで、初回購入者を対象に値段を大幅に下げて販売されていることがあります。

自分が欲しいと思っていた商品にお試しがあれば、お得に手に入れることができるでしょう。

また、個人輸入代行業者を利用することにより、国内で販売されている精力剤などより低価格で購入することが可能でしょう。

新着記事

新着記事一覧を見る